スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

京都国際にきました。

こんばんは。
能登国際のダブルスは、結局ランクの高い選手が多く、ドローに入ることができませんでした。

その時点でまだ月曜日だったので、
東京に一度戻ってから次の京都へ移動するか迷ったのですが、
残って、他の選手と練習したり試合をみて学ぶことにしました。

自分が既に負けてしまった大会会場にとどまるというのは、多少葛藤もあります。

しかし、いまの私にはそんなプライドを持つ必要はありません。

これまで何度となく国際サーキットに参加してきましたが、
以前は、負けてしまったら凹み、
他の試合も観ずにさっさと帰ってしまっていました。

また、他の選手とのコミュニケーションもあまりとろうとしてきませんでした。テニス大会では、色々と意識しすぎてしまって、心を閉ざしていたのです。

しかし、これからは大会に出たら、
そこで一つでも多く学べるように、ハングリーな気持ちで過ごそうと思います。


(レセプションパーティーにて、選手仲間と)


久々に東京を離れての遠征は、多少気が張って無駄なエネルギーを使ったように思います。
しかし海外でも2大会連続で参加すると、同じような状況になることもあるので、適応していかねばなりません。

今回は能登に残って練習できて、本戦の試合も観られて、本当に良かったと思います。

大会では、久々に会った大学の先輩の波形純理さんが、気さくに話しかけてくれました。
「京都にいくならインドアで練習したほうが良いんじゃない?」とアドバイスを下さったので、

2日間はインドアで、アメリカ人の選手と練習しました。
そしてその選手と一緒に京都まで移動しました。

(ニューヨーク出身のEva選手)

彼女はたった一人で初めて来日したそうです。
私も海外に一人で出たときは、現地の選手に親切にしてもらったことが何度かあるので、
できる範囲のことはしたいと思い、バスの予約や道案内などしました。

私も一緒に移動できる仲間がいて嬉しかったです。英会話の練習にもなりましたし!


さぁ、明日はいよいよ試合です。

相手どうあれ、先ずは力を出せるように頑張ってきます!

スポンサーサイト

2012.09.07(Fri) | 未分類 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://asako87tennis.blog49.fc2.com/tb.php/65-fca3971e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。