スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

2012年は良い予感!

こんにちは。

新年のご挨拶をするには、少し遅くなってしまいました。

ご報告が遅れ、申し訳ありませんが、私は昨年末ぎりぎりに無事、
退院できました。


更新が滞りご心配お掛けしました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!!


タイトルでもお書きましたが、今年はとても「良い予感」がしています。

それをご説明するのに、少し過去の話をします。


私がテニスのプロ選手になろうと思い立ったのは、9年前、高校2年生のとき。

部活でテニスをする都立高校生でした。

プロになるのは夢のまた夢。

だから、早稲田大学に入ってテニスの実力を上げ、
賢いプレーヤーになって、

「卒業したらプロになろう」と思い描きました。


当時、私は勉強が大嫌いで!! 

早稲田に入学すること自体、夢のまた夢。


心から

「勉強は才能がないからムリ!」

と決めつけていた。


でも、そういう風に、何かのせいにして諦めてしまう自分が大嫌いでした。

こんなダメな自分じゃいけない。

「変わりたい!!」

こんな変身願望が、強く生まれました。


それから、中学校の内容から勉強をし始める感じでしたが、
半年くらいで少し成果が見られました。


ポジティブな気持ちを維持するために日記を書き始め、
自分を客観的に分析し、目標を立てました。


だから、成績が上がった時は心から感動したし、

「努力って楽しいものなんだ」

と初めて気づいた。

そこから自分の人生がスタートしたと、今も思っています。



念願の早稲田大学に合格したときは、

「私は変わった」

そう思いましたし、

この調子で努力を重ねれば、
頭もよくなるし、テニスでも絶対強くなれると自信を持ちました。


でも入学後、スランプに。

体育会庭球部では、オフの日も練習して、がむしゃらに頑張ったけど、
結果は伸びず、最後までノンレギュラーでした。

「ワセダは最高の環境だから、そこで与えられたことを
100%で頑張れば結果が出る」と、
思い込んでいたのです。

リラックスする時間を作っていなかったのは失敗で、

あの時はネガティブだったし、焦って視野が狭くなっていました。

それは時間が経つにつれて、緩和していたとは思います。

でも、プロになってからも、焦る気持ちは続いていたのだろうと思っています。


高校2年からスタートさせた努力らしきものを止めるのが
ずっと怖かったのです。


だから怪我したのは好転するきっかけ。
運命だと感じます。

強制的にストップさせられたことにより、
私は長年続いた心理的疲弊を癒せ、視野が開けてきました。


怪我の前に私が身を置いていた環境だと、もっと成績を伸ばして行くには困難だったでしょう。
気付いてはいたけど、環境を変える勇気がなかったのです。


そして今やっと、自分が思い描いていた方向へと

新たに歩み始めています。

復帰へ向けた、本格的なアスレティックリハビリテーション
(スポーツ選手復帰用のリハビリ)は、
本日よりスタートしました。

信頼置けるトレーナーさんがマンツーマンでついてくれ、

平日は毎日、6時間くらいトレーニングします。


だけど、体育会時代の教訓は決して忘れない。

明るくポジティブにリラックスして、

主体的に、取り組んでいきたいと思います。


あとは、、、

マジメ?で力みがちな自分を、

もう少し自然な感じに戻していけたらな~


そう考えている次第であります



今年が皆さんにとって、素敵な年になりますように!!
スポンサーサイト

2012.01.08(Sun) | 未分類 | cm(1) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://asako87tennis.blog49.fc2.com/tb.php/48-c533d92e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
103. 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2012.01.20 19:28 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。