スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

またブラジルにいます

随分と、ご無沙汰しておりました。

いま、再びブラジルにいます。

Mogidascuruzesのテニスクラブにて
(モジのテニスクラブにて、左から、私・ショップのおじさん・コーチ・練習仲間)

10月3日に日本を経ったので、もう2週間経ちました。

まず初めに、前回8月に行った試合会場のモジダスクルゼス(略称:モジ)でお友達になったウメキさんのお宅に
泊まらせていただいて、その近くにあるテニスクラブで練習してコンディションを整えました。

そして10月8日にサンパウロのへ移動して大会に参加。
そこでも、ウメキさんの旦那さんの妹さんのサチさんのお宅に泊めていただきました。
サンパウロにて
(サンパウロにて、左からウメキさんの娘さん・私・サチさん)

宿泊、練習・トレーニング拠点の手配、食事、送迎、何から何までして頂いて、
何故こんなにも親切にして頂けるのか分からないままに、毎日感謝しながら日々を過ごしました。

ほとんど家族の一員として迎え入れていただいたので一人きりになる時間があまりなく、
パソコンを開く時間もあまりなく、空いている時間はウメキさんたちと会話が弾んで、
日本とブラジル文化の違いなどについて話しました。

これだけ尽くしてもらったことに対して私ができるのは少しの家事手伝い、
フリマに出す衣類・小物の仕分けと修繕をちょっとだけしました。
・・・といっても大したことはできませんでした。

気になるサンパウロの試合結果ですが、

シングルス予選1Rに5-7,4-6で負け。
早めに現地に入っただけあって時差ボケも勿論なかったしコンディションも良かったので、
ただ自分の力不足で負けました。

敗因は特にサーブとメンタル。

まず土曜日、1stセット 4-5のときに雨が降ってきて中断。次の日に延期に。
大雨
(大雨で試合は中断に。すごかった)

そして日曜日、出だしがすごく良くて、5-5 → 6-5になったはずでした。
しかし、そこで相手が1ポイント目は私が獲ったと主張。

サーバーは私でカウントを数えていたのに。
彼女曰はく、私のダブルフォルトだったというのですが、
私は確かに彼女が何のジェスチャーもせずにボールを打ってネットにかけたのを確認した。
でも、横にいたレフェリーも一緒になって主張されたので引き下がってしまった。
(予選はセルフジャッジなので審判はいません)

そこから気持ちが動転してしまって、そのセットを5-7で失うまでプレーに集中できませんでした。

あの時、冷静に考えられれば、ちゃんと自己主張できただろうし、
たとえ相手のポイントになったとしても、カウントは40-15だからまだまだゲームポイントはあるのに。

あぁ、バカだった。

そう自分に対して腹を立てるばかりです。

でも2ndセットは、セット間にトイレットブレークをとって、
また気持ちを切り替えてプレーできました。

2ndセットだってチャンスはあったのです。
ブレイク(リターンゲームをとること)合戦で2-3、そこからキープ(サービスゲームをとること)して4-3にしたところまでは良かった。

そこから気が抜けたのか、エラーが増えた。
大半の客が相手の応援をしているのも気になりだした。

ブラジルでは、やはりアウェイで、外国人対ブラジル人の試合となると
観戦者が増えて、みんな地元選手を応援する。

だけど、集中さえしていれば何にも問題ない。試合中に周囲が気になる方がおかしい。

一つの要因として、「ここは重要」というポイントで1stサーブの確立が悪かったことがある。
この試合ではずっとサーブが良くなかった。ダブルフォルトも5回くらいした。

前日の1stセットだって、4-2になった後、2回ダブルフォルトをして流れが相手に傾き4-5になったのです。

とにかく負けは負け。

反省はするけど、後悔はしちゃいけない。

私には心強いサポーターがいるのに、クヨクヨしてたらいけないなと思った。
観客の大半が相手の応援の中、ウメキさんの旦那さんと娘さんが応援してくれてた。
ウメキさん
(サンパウロの試合まで引率してくれたウメキさんの旦那さん)

勝つことができず、本当に申し訳なかった。
「次の大会で勝とう!」と誓った。


しかし、、、、今日また負けてしまった。
今回はゴイアニアという町で。

10月13日にサンパウロから国内線の航空機で移動しました。
飛行機からの風景
(飛行機は窓側だった)

こちらは上位の選手がキャンセルしたおかげで本戦に上がったので、今日が初めての試合でした。

本戦1R、相手はブラジル人で世界ランク1233位。
スコアは1-6,3-6でした。

内容は、1stセットは相手のエッグボールに翻弄されてエラーを重ねてしまいました。

2ndセットはミスを減らし内容は競ったけど、良いポイントとダメなポイントの差が激しかった。

前の試合の教訓から、サーブは好調でしたが、今度は武器であるバックハンドでエラー。

今日の相手はエッグボールでつなげるテニスでした。
コートはよく弾むアンツーカー(赤土)だったから
ワンバウンドさせてしまうと頭を越してしまうので、ネットに積極的に出てプレーした。

将来のことを考えると、良いチャレンジなのだが、
試合はやはり確率を考えなければならない。
今の自分は、少しデフェンシブなプレースタイルだから、少し無理し過ぎたのかなと思う。

良い展開で楽に獲ったポイント・ゲームの後で何でもないミスが出た。
テニスの試合は、簡単なミスをするのが一番痛い!

もう少し、しつこくプレーしたら結果は大きく変わったのだと思う。

相手のロブをカットしてネットで決める展開は、これまでより上手く出来た。
これだけは進歩だったというべきか。

でもやはり負けは負け。
終わった結果はもう変えることができない。

試合後、コートサイドで試合を思い出しながら呆然と座っていたら、
トーナメントディレクターのおじさんや、友達になったフランスの選手のお父さん、
インドの選手が励ましの言葉を掛けに来てくれた。

「あなたのテニスは良かったよ。次だ!」

そんな感じで言ってくれた。
優しいな。

わざわざ地球の反対側まで来て、長く滞在して試合に参加するのは目的があるから。
一人で行くのは不安もある。

もし強盗にあったら?飛行機が落ちたら?考えるとキリがないけど、

とにかく私は目標を達成すると強い気持ちでここまで来ました。
日本にいたときにも悔しい思いを沢山してきました。

負けられない、絶対に負けられない。
自分に負けられない。

とにかく気持ちを強く持って、
次の大会、それまでにしっかりと準備して、勝ってきます。


日本人のド根性だすぞ~~

***********************************************************
前回ご紹介したアートスポーツ様の商品ページに写真がUPされました。
ディアドラのウェアは可愛いです。リンクは下記。
アートスポーツhttp://www.art-sports.jp/modules/tennis/index.php


スポンサーサイト

2011.10.18(Tue) | 未分類 | cm(2) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://asako87tennis.blog49.fc2.com/tb.php/40-03b0067f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
62. 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2011.10.23 10:52 | edit
66. Re: 「コート上のあいつ」さん
一番乗りのコメントありがとうございますv-353
アートスポーツ写真についてのお褒めの言葉も、ありがとうございました!
とても嬉しいですi-239

私の名前は英語でも[AsakoSATO]
とっても爽やか?いや、簡単なのでブラジル人も覚えやすいようです(笑

皆さんのメッセージエネルギーに変えて、1ポイント1ポイントに集中してベストを尽くしてきます!

satoasako | 2011.10.24 03:27 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。