スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

インドネシアの異文化体験①

こんばんは。

前回のブログからだいぶ時間が空いてしまいました。遅くなり申し訳ありません。

6月10日~6月26日までインドネシア遠征に行き、帰国してからすぐに国内で3大会に参加。
結果は全て1R敗退という結果でした。

インドネシアでは国際ポイントをとって、大会会場でも沢山練習して良い感触を掴んできたのに残念でしたが、
自分のテニスは進歩していると感じています。ですので・・・

「慣れない海外の環境で疲れたのかも。まずは少し休息、そしてしっかりと練習して次に備えよう!」

と考えて、現在は地元で調整中です。

お約束したとおり、今回は2週間のインドネシア遠征でのお土産話として、面白いと感じたこと、新鮮だったことをまとめたいと思います。

とても長くなるので数回に分けます(^^;又、既存の情報でしたら申し訳ありません。

****************************************************

まず初めに行ったのはバリクパパン。
この都市は、島が連なったインドネシアの中でもカリマンタンという島の右下の方に位置します。大規模な油田があるということで日本とも関係深いようです。

空港に到着して新鮮だったのは、現地の人々の多くがほっ冠りをしていたり、いかにも民族衣装のようなものを身につけているということでした。女性のほっ冠りは「ヒジャブ」というらしいです。
私はインドネシアでも洋服が姿がほとんどだろうと予想していたのですが、実際は違いました。


イスラム教の信仰心が強いのですね。色々な局面でイスラム教の風習を感じられました。
まず空港からホテルに到着して、外に出てみると遠くの方からイスラム教の礼拝だと思われる声が聞こえてきました。「サラート」というらしいです。これを近くで聞くとスピーカーを使っているので、少々うるさいです。


また食事の面では、やはり豚肉は一切出てきませんでした。鶏肉が最も多かったように思います。また子羊の肉も時々ありました。
レストランのジュースはほとんどが100%その場で搾ったもの。
私はマンゴージュースばかり毎日飲んでいました。他にはメロンやスイカ、アボガド、オレンジ、ミックス(自分で果物を選べる)などがあり、どれも美味

そして肝心のお食事メニューですが、ポピュラーなのはコレ!!!!

ナシゴレン

→ナシゴレン(チャーハン)です。


他には、ミゴレン(やきそば) や 

ナシ アヤム なんとか    ・・・等などです。

このNashiというのがお米で、Ayamというのが鶏肉、Chawが羊だそうです。
量的には日本食よりも控えめな感じ。それでも現地の人たちは必ず食べ残します。
これも宗教上の理由なのでしょうか?ちょっと分かりませんでした。
例えば中国だと、食べきれないほど振舞うのが「歓迎」を意味していて、食べ切れない場合はそこそこの料理店でも普通に、紙でできた容器が用意されていて、ウェイターに声をかければ残ったものをテイクアウトできます。逆に韓国だと、食べ残さないと「足りない」という意味になってしまうからあえて食べ残すのが普通という国もあったり。

食事中に困るのは、鶏肉には細かい骨が混じっていて食べにくいということです。

・・・禁断の左手を使いたくないのについつい使ってしいます。。

そう、知っている方もいるとは思いますがこれもイスラム教の風習のひとつ。
食事は右手で、トイレは左手という・・・。
トイレにはほとんどペーパーがありませんでした。詳しく言及するのは控えたいと思いますが

そういった文化もあるので、やや不衛生になるのでしょうか。
インドネシアの食事は、本当に美味しかったのですが、私はしょっちゅうお腹を壊していました。

・・・これは日本が本当に恵まれた清潔好きな国であるという理由もあると思います。
守られた環境の中で生活してきたがゆえに、、

免疫力がないというか(笑)


とにかく日本との差は、水回り。トイレと、洗面所。
ヨーロッパやアメリカと比べても日本の水回りのきれいさ、排水管などの精密さは素晴らしい技術だと私は思います。

昔、塾の先生だった建築学科の先生が、

「トイレはその建物・企業を判断する基準になる」

とおっしゃったのを思い出しました(笑)


前置きが長かったのですが、ここから試合のお話です。

バリクパパンでは予選で敗退して次の大会まで9日も空いてしまいショックを受ける、、

そこから立ち直って過ごした日々・・・


それについては次回お伝え致します
**********************************************

☆快適な睡眠をサポートする「SALAF」☆

日本は暑いですがSALAFを敷いて寝ると寝苦しさが軽減。

暑さに負けない、快適な夏を過ごせますよ
スポンサーサイト

2011.07.22(Fri) | 未分類 | cm(2) | tb(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。